プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
CentOS、SSH接続する際のポート番号を変更する
1.端末1でSSH接続する

2.端末1でSSH接続用のポート番号を変更する
 (1) cp -p /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.org (念のため、元ファイルをバックアップ)
 (2) vi /etc/ssh/sshd_config
 (3) 「Port 22」の部分を好きなポート番号に書き換える

3.端末1でSSHデーモンの再起動
 (1) service sshd restart 

※この時点では端末1にログインした状態を維持すること。
 ログアウトしちゃダメだよ。

4.端末2で変更後のポート番号を指定してSSH接続してみる
 →接続できたらOK……だけど、多分、接続できないと思う。
  接続できなかったらiptablesの設定を変更して、
  変更後のポート番号に対するアクセスを許可してあげる

6.変更後のポート番号を指定してSSH接続できたら端末2からログアウト
 ※念のため、端末1はログインした状態を維持

7.端末2で変更前のポート番号を指定してSSH接続してみる
 →接続できなければOK

終わり\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事
| HOME | next