プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
PHP、配列の内容を一時的にファイルに保存する
いろいろなやり方があると思いますが、
serialize()を使うのが楽チンでした。

サンプルですφ(--)

■配列をファイルに出力
//保存するファイルの名前
$file_name = "hoge.txt";

//配列
$ary = array("a", "b", "c");

//配列をファイルに保存
$tmp = serialize($ary);
file_put_contents($file_name, $tmp);


■配列をファイルから読み込み
//読み込むファイルの名前
$file_name = "hoge.txt";

//配列
$ary = array();

//配列をファイルから読み込み
$tmp = file_get_contents($file_name);
$ary = unserialize($tmp);


serialize()を使うと配列(オブジェクト)が文字列っぽくなり、
unserialize()を使うと文字列っぽくなった配列(オブジェクト)が元に戻ります。

出力したファイル内のデータを編集したい場合は向きませんが、
単にデータを受け渡ししたいだけなら便利です。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● PHP  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事
| HOME | next