プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Linux、「.bashrc」と「.bash_profile」の違い
結論から書くと

.bashrc:bashが起動されたときに読み込まれる設定ファイル
.bash_profile:ログインシェルがbashで、ログインしたときに読み込まれる設定ファイル


の違いです。

注意点として、ログイン時には(本来は).bashrcが読み込まれません。
ただし、私の環境では.bash_profile内に

if [ -f ~/.bashrc ]; then
    . ~/.bashrc
fi

の記述が最初からありました。
よって、.bash_profileから読み込まれる形で.bashrcも読み込まれています。

一応、確認のために.bashrcの1行目に

echo ".bashrc"

と書いて、ついでに.bash_profileの1行目に

echo ".bash_profile"

と書いた状態でログインしたところ

.bash_profile
.bashrc

と表示されました。

その状態でコマンド

bash

を実行したところ、今度は

.bashrc

のみ表示されました。

これで

・ログイン時は.bash_profile(と.bashrc)
・コマンドライン上からbash起動時は.bashrc


が読み込まれると確認できましたね。

ふむふむ、ログイン時に1回だけやれば良い内容は.bash_profileに書けってことですね。
bash起動毎に必要な設定は.bashrcに書く必要があるようです。

まぁ、ぶっちゃけ私はtcsh派なので、bashってほとんど使わないのですけどね。

取りあえず、そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Linux  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事