プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
CentOS7、makewhatisコマンドが見つからなくて困ったお話。
結論から書くと「mandb」っていうコマンドを使え!らしいです。

それでは詳細……という程でも無いですが、詳細を書いていきます。

「makewhatis」というwhatisデータベースを作成・更新するコマンドがあります。

……というのを知って試してみたのですが

makewhatis: Command not found.

というエラーが出やがりましてね。
「makewhatis」コマンドが見つからなかったのです。
yumでインストールしようとしても「そんなのねーよ」と怒られます。
てか、最初から入ってるコマンドっぽいけど、なんで見つからないの(--?

そんで、あれやこれやと調べたところ

http://www.certdepot.net/sys-locate-system-documentation/

のコメントに

In RHEL7 and CentOs7 “makewhatis” is replaced by “mandb”.Can be useful for the RHCSA exam.

という記述を見つけました。

CentOS7では「makewhatis」が無くなって「mandb」に置き換わったとの理解でOKですか(--?
早速やってみましょう。

mandb

を実行したところ……なんかそれっぽい結果が表示されましたφ(≧▽≦)

[root@localhost ~]# mandb
/usr/share/man 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/cs 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/cs 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/da 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/da 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/de 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/de 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/fr 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/fr 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/hu 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/hu 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/id 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/id 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/it 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/it 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/ja 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/ja 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/ko 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/ko 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/pl 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/pl 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/pt_BR 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/pt_BR 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/ru 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/ru 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/sv 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/sv 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/tr 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/tr 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/zh_CN 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/zh_CN 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/zh_TW 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/zh_TW 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/sk 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/sk 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/es 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/es 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/pt 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/pt 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/local/share/man 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/local/share/man 配下のマニュアルページを処理しています...
0 man subdirectories contained newer manual pages.
0 manual pages were added.
0 stray cats were added.
0 old database entries were purged.

ということで、CentOS7では「mandb」を「makewhatis」代わりに使え!みたいです。

そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Linux  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事