プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Processing、マウスで線を引く。
画面にマウスでぐりぐり線を引けるプログラムのサンプルです。
ソースコードは、こんな感じφ(--)

int x, y;
boolean drawFlg;

void setup(){
    size(640, 480);
    background(255);

    //初期値設定
    x = mouseX;
    y = mouseY;
    drawFlg = false;
}

void draw(){
    //線の太さと色を設定
    stroke(0);
    strokeWeight(1);

    //線を引く
    if(drawFlg == true){ //マウスのボタンを押している間だけ
        line(x, y, mouseX, mouseY); //線を引く
    }

    //現在のマウス位置を次に引く線の開始位置に指定
    x = mouseX;
    y = mouseY;
}

void mousePressed(){ //マウスのボタンを押したとき
    drawFlg = true; //線を引くよ!に設定
}

void mouseReleased(){ //マウスのボタンを離したとき
    drawFlg = false; //線を引かないよ!に設定
}

「drawFlg」はマウスのボタンを押している間だけ「true」になります。
「drawFlg」が「true」の間だけ線を引くようにしているので、
結果としてマウスのボタンを押している間だけ線が引かれます。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:Processing  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事