プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Processing、クリックした回数を数えるサンプル
やってることも中身もシンプルです。
マウスをポチポチとクリックした回数を数えるサンプルです。

ソースコードは、こんな感じφ(--)

int kaisu = 0;

void setup(){
    background(255);
    size(400,400);
}

void draw(){
    background(255);
    fill(0);
    text("押した回数:" + kaisu,30,30);
}

void mousePressed() {
    //回数に1足す
    kaisu = kaisu + 1;
}

「mousePressed()」はマウスのボタンをポチッ!と押したときに呼ばれる処理です。
その中で

//回数に1足す
kaisu = kaisu + 1;

をやっています。

これは「kaisu」に「kaisu + 1」を代入する処理、
言い換えると「kaisuに1足す処理」です。
マウスをポチポチする度に「kaisu」の値が1ずつ増えていきます。

あとは

text("押した回数:" + kaisu,30,30);

で押した回数(「kaisu」の値)を画面に表示しています。

実際に動かすと、マウスをポチポチする度に数字が増えるはずです。

説明が簡単だけど、そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:Processing  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事