プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Processing、CSVファイルを読み込む(やり方その2)
CSVファイルを読み込んで中身を画面に表示してみます。
やり方はいくつかあるようですが、
今回は「loadTable()」を使ったやり方をメモっておきます。

それでは早速……の前に事前準備としてCSVファイルを用意しておきましょうかね。

Processingのファイルが置いてある場所に「data」フォルダを作り
その中に文字エンコードの指定を「UTF-8」にした「piyo.csv」を置いておきます。
「piyo.csv」の中身は以下の通りです。

1,ピヨ太,男
2,ピヨ子,女
3,ピヨ太ママ,女

「UTF-8とか、よく分かんない」な人は以下のURLから
CSVファイルをダウンロードしてください。

http://i-3-i.info/test_blog/piyo.csv

準備ができたら、こんなサンプルプログラムを動かしてみましょうφ(--)

void setup(){
        background(255);
        size(800,400);
        
        Table csvData = loadTable("piyo.csv","csv");
        
        fill(0);
        
        //1行目
        text(csvData.getString(0,0), 10,20);
        text(csvData.getString(0,1), 50,20);
        text(csvData.getString(0,2), 150,20);
        
        //2行目
        text(csvData.getString(1,0), 10,40);
        text(csvData.getString(1,1), 50,40);
        text(csvData.getString(1,2), 150,40);
        
        //3行目
        text(csvData.getString(2,0), 10,60);
        text(csvData.getString(2,1), 50,60);
        text(csvData.getString(2,2), 150,60);
        
        noLoop();    //ループしない
}

void draw(){
}

ポイントは

csvData = loadTable("piyo.csv","csv");

の部分と

csvData.getString(0,0)

の部分です。

順番に説明していきます……と思ったのですが
いろいろあって面倒くさいので止めます。

1.loadTable()で読み込むCSVファイルを指定する
2.csvData.getString(【行番号】,【列番号】)で取り出す値を指定する


が最低限、覚えておくべきことです。
あとは実際に使ってみながら情報を補完してください。

ちなみに、さっきのサンプルプログラムは、こんな感じで書けたりもしますφ(--)

void setup(){
        background(255);
        size(800,400);
        
        Table csvData = loadTable("piyo.csv","csv");
        
        fill(0);
        
        for(int i = 0; i < csvData.getRowCount(); i++){
            for(int j = 0; j < csvData.getColumnCount(); j++){
                text(csvData.getString(i,j), 10 + 50 * j,20 + 20 * i);
            }
        }
        
        noLoop();    //ループしない
}

void draw(){
}

ちょっと手抜きだけど、そんな感じ\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:Processing 

  関連記事