プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Java(Android)、Activityのライフサイクル
【起動】
 ↓
onCreate()(一番最初に一回だけ実行)
 ↓
onStart()(画面表示時に呼ばれる)
 ↓
onResume()(画面が入力状態になった時に呼ばれる)
 ↓
onPause()(Activityが裏にまわる時に呼ばれる)→onResume()
 ↓
onStop()(停止する時に呼ばれる)→onRestart()(再起動時に呼ばれる)
 ↓
onDestroy()(終了時に呼ばれる)
 ↓
【終了】

1.起動の流れ
 onCreate()→onStart()→onResume()

2.現在のActivityがバックグラウンドにまわる時
 onPause()

3.「2.」から復帰する時
 onResume()

4.現在のActivityがバックグラウンドにまわって完全に隠れた時
 onPause()→onStop()

5.「4.」から復帰した時
 onRestart→onStart()→onResume()

6.終了
 onDestroy()


「onPause()」はちらっと見えてるけど後ろに回っている時、
「onStop()」は完全に隠れた時に呼ばれる模様。
完全に隠れていない場合はいつ前に呼ばれるか分からないから気を抜くな、
完全に隠れている時は一息ついておけってことでしょう。

ちなみに微妙に紛らわしいのですが、ホームボタンを押して戻った場合は
onDestroy()は呼ばれない(終了しない)でonStop()後の状態になるようです。
ただしonStop()後の状態が長く続いたりメモリが足りなくなると
Androidさんが勝手に終わらせやがるみたいですね。

めんどくせーなぁ、もう。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:Android  thema:プログラミング - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事