プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「dllhost.exe」とはなんぞや?
SP1をあててからなんか微妙に遅くなった我が家のWindows7さん。
仕方ないので邪魔くさいのを止めていくことに。

さて、次に調べたるは「dllhost.exe」。

こいつはいつも居座る訳では無いのですが、
たまにひょっこり現れて気が済むといなくなります。
「Microsoft DCOM DLL Host Process」とか言う奴で、
DLLに基づくアプリケーションを管理するそうです。
必要な時に呼ばれますが、用が無くなれば自分でいなくなるので
直接目にする機会は多くないかもしれません。

System32にある「dllhost.exe」さんは正規のファイルです。
それ以外の場所にある場合はウイルスの可能性大。
ただし正規のファイルでもたまに暴走するやんちゃな奴です。
こいつはサムネイルを作成する時にもお仕事するのですが、
何らかの理由により作成に失敗すると暴走する時があるようです。

取りあえずWindowsさん用のプロセスみたいなので
問題が起きない限りは気にしないようにしてください。


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。


スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事