プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows、不要なサービスを「削除」する方法。
あるアップデートが行われて以来、某国産ソフトが
セキュリティソフトに目を付けられましてね。
要は起動する度にAdwareが混じってるっぽいと怒られるのです。

別にいらねーしアンインストールしよう。
手順に従ってアンインストールしたところ表面上はスッキリ。
ですが、関連するプロセスは残ってるっぽいし
胡散臭いファイル群は以前として引っかかる。
仕方ないので手動で綺麗にしようと決意したのです。

ほんで余計なプロセスは止めてフォルダ毎全部削除。
サービス無効にしてレジストリ綺麗にして~、完成?
無効にしたとは言えサービスの一覧に残っているのはなんかヤダ。

前振りが長くなってしまいましたが
そんな経緯でサービスを削除しようと思ったのです。
どーせレジストリをちょちょちょいっていじればいーんでしょ?

と思ったら便利なコマンドがありました。
WindowsXP以降?であればコマンドプロンプト(黒い画面)で
このコマンドでサービスを削除できますφ(--)

sc delete サービス名

ちなみに削除前に中身を確認したい時はこんなコマンドφ(--)

sc query サービス名

注意点は2点(--)b
ひと~つ、WindowsVista以降ではコマンドプロンプト(黒い画面)は
管理者権限で起動して下さい。
一般ユーザで起動すると当たり前ですがアクセス拒否されます。
ふた~つ、消したら多分戻せないからやるなら慎重に;--)b
変なの消しちゃったーって言われても私は責任持てませんです。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Windows  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事