プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
「Recipient address rejected: need fully-qualified address」とはなんぞや?
お客さま先でメールの設定をした後、テストメールを送ろうとしたら
いきなりこんなんがでてきたφ(--)

504 5.5.2 <test>:Recipient address rejected: need fully-qualified address
(RCPT TO:<test>)


なんだなんだ?!初めて見るぞΣ(´・д・`)と思ったら、
送信先アドレスが間違ってました。
タイトルと宛先の入力を逆にしてたよ(ノ∀`)
ちなみにエラーメッセージの内容は

へーい、宛先アドレスが拒否られちまったぜーい。
大丈夫なアドレスを指定しやがれ、こんちくしょー。


くらいの意味でしょうかね。
単純に宛先アドレスが間違っている場合もあれば、
セキュリティ上の制限(迷惑メール対策とか)に引っかかってる場合もあるようです。
対処は出たとこ勝負。
取りあえず別のyahooとかgmailとかのアドレスにメール送ってみて
送れたら宛先指定が間違ってたのが原因。
それでもダメだったらなんか設定が必要なので、ポートを587に変えてみるとか
POP before SMTPにしてみるとかそもそもサーバが稼働しているか確認してみるとか
試行錯誤四苦八苦してください。
まぁプロバイダなりレンタルサーバ会社に問い合わせるのが一番手っ取り早いですけどね。

ちなみに余談ですが「Recipient address rejected」じゃなくて
Sender address rejected」の場合は差出人アドレスがおかしいです。
取りあえずメールソフトの設定、「メールアドレス」とかなっているところを確認してください。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事