プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Java、「シリアライズ可能クラス ~はlong 型の static final serialversionuid フィールドを宣言していません」の警告をなんとかする。
EclipseさんでJavaServletを作っていたら

シリアライズ可能クラス ~はlong 型の static final serialversionuid フィールドを宣言していません

とかいう警告がでやがりましたですことよ。
内容は

「private static final long serialVersionUID」を宣言しろや

ってことらしい。
Serializableを実装したらserialVersionUIDを定義した方がいいんだそーな。
まぁ言われた通り

private static final long serialVersionUID = 123456789L;

とかすれば消えるけど・・めんどくせっ(;´A`)
っちゅー訳で警告を無視することにしました。

気持ち良く無視するためにEclipseさん自体を黙らせるφ(--)

1.プロジェクト単位:プロジェクト名を右クリック→「プロパティー」
  全体:「ウィンドウ」→「設定」
  をクリック

2.新しく開いたウィンドウの左側のツリーで
  プロジェクト単位:「Javaコンパイラー」→「エラー/警告」
  全体:「Java」→コンパイラー」→「エラー/警告」
  を選択

3.右側のなんかごちゃごちゃと書いてある画面で
  「潜在的なプログラミングの問題」
  →「serialVersionUIDなしのシリアライズ可能クラス」
  で「警告」になっているのを「無視」に変更

4.「OK」をクリック


で気持ち良く無視できますよ(*´ェ`*)ノ
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Java  thema:プログラミング - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事