プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
DNSサーバ、SOAレコード内シリアル番号の使い道。
あまり気にしていなかったDNSサーバのSOAレコードですが
結構大事らしいと言う事が分かりました。
って、そりゃそうか。

もっと言うと、私はDNSサーバのプライマリ、セカンダリの概念自体を
ちゃんと分かっていなかった様です。
何となくのイメージでプライマリはメインで動く奴~
セカンダリはバックアップ用の奴~みたいな覚え方だったのですが、
ちょっと覚え方を間違っていました。お恥ずかしい。

今回真面目に調べた所によりますと、
プライマリは自分で(ゾーン・ファイルに)必要な情報を持っている『やれば出来る子』です。
一方セカンダリは『頑張れない子』なので、定期的にプライマリから必要な情報を
コピーしています。
それで何とか体裁を取り繕ってる訳ですね。

この時に大事になってくるのがSOAレコードのシリアル番号!

セカンダリさんはコピーする時に横着するのでまずはSOAレコードのみ見にきます。
そして前回のシリアル番号より大きい数字だったらデータをコピーするんだそーな。

だからDNSの設定を変更しても、SOAレコードのシリアル番号を変更しないと
セカンダリには情報が反映されません。
プライマリとセカンダリで同期が取れていない状態になるので気を付けてね。


・・・と調べた情報に小難しい言葉で書いてありました。

ホントかウソかは分かりません。
多分ホントでしょうけど。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:インターネット - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事