プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Java、文字列の比較
基本と言えば基本なんですけどね。
文字列を比較するときは「==」ではなく
「equals()」メソッドを使いましょうということ。

  String aaa = "aaa";
  String bbb = "aaa";
  
  if(aaa == bbb){
      System.out.println("同じ");
  }
  
  if(aaa.equals(bbb)){
      System.out.println("同じ2");
  }


とした場合、"同じ2"しか出力されません。
「==」はオブジェクトが同じかの判定なんだそーな。
aaaとbbbは値は同じでもオブジェクト自体は違うから
一つ目の条件判定はfalseになりまする。

地味にハマったのでメモメモφ(。。)
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Java  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事