プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
サブドメインの設定(まとめ)
何故か微妙に手こずったのですが、無事サブドメインの設定が完了。
今回色々調べて思ったのは、詳しく書いてあるサイトは多いですが
さらっと書いてあるサイトが見つからなかった事。
理論的な情報よりも即実践的な情報が欲しかったです。

と言う訳で、私がやった設定をまとめておきます。
環境によって細かい違いはあるカモですが、理屈的には一緒のはず。

やった事は

1.Apacheのバーチャルホストの設定
2.DNSサーバ(のゾーン情報)にレコード追加

だけです。

1.「1.Apacheのバーチャルホストの設定」は以下の通り。

 (1)「/etc/httpd/conf/httpd.conf」に以下の記述を追加
   ※パスや設定値はご自分の環境に読み替えて下さいね

   <VirtualHost 123.123.123.xxx:80>
     ServerName sub.exaple.com
     DocumentRoot /home/exaple/public_html
   </VirtualHost>

 (2)Apache再起動
   # apachectl restart


2.「2.DNSサーバ(のゾーン情報)にレコード追加」は以下の通り。

 (1)ゾーンファイルに以下のレコードを追加
  「sub IN A 123.123.123.xxx」
  CNAMEでも多分良いですが、諸々の事情でAレコードにしました。
  諸々の事情ってのはサーバへの負荷やCNAME先がCNAMEじゃダメとかです。

 (2)ソーンファイルのシリアル番号更新
  SOAレコードにある奴ね。

 (3)ゾーンファイル変更反映
  # /etc/init.d/named reload


理屈としては「sub.exaple.com」のIPアドレスは「123.123.123.xxx」ですよ。
って教えてあげる設定が「2.DNSサーバ(のゾーン情報)にレコード追加」。

サーバに届いた要求に対して「sub.exaple.com」ってのは
「/home/exaple/public_html」の場所の事だから。ってのが
「1.Apacheのバーチャルホストの設定」になります。

お手紙を例にとると、郵便局への届け出がDNSサーバ周りの設定。
お家に届いたお手紙をお父さんに渡すかお母さんに渡すかってのが
apacheのバーチャルホスト周りの設定になります。

分かってしまえば簡単でしょ?
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:インターネット - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事