プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
AccessVBA、MDBにコマンドラインパラメータを渡す方法
AccessVBA、起動時のShiftキーを無効にする方法」の記事の最後で
「私はパラメータ付でmdbを起動した場合のみ」とか書いちゃった訳ですが
MDBをパラメータ付で起動するって馴染み無いですよね(--?
私も馴染み無いです。
馴染み無いから滅多に試す奴いないだろうと判断してコマンド仕込んだ訳ですし。

と言う訳でMDBさんにはコマンドラインパラメータを渡せるのです。

コマンドプロンプトを開いて

[Accessのフルパス] [MDBのフルパス] /cmd [パラメータ]

とかやればOK。
私の環境では

C:\>"C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\MSACCESS.EXE" "C:\test.mdb" /cmd "hoge"

とかやるとコマンドラインパラメータ"hoge"がtest.mdbに渡ります。
ちなみに受け取るMDB側ではMDB起動時に最初に開くフォームの
Form_Openイベントで「Command」で取得できます。

  Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)
    If IsNull(Command) Or Command = "" Then
      MsgBox "ないよ"
    Else
      MsgBox Command
    End If
  End Sub


とかそんな感じ。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:Access VBA  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事