プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Java(Swing)、SwingでHelloWorld(2)
Java(Swing)、SwingでHelloWorld(1)」の続きです。

はろーわーるどのコードを解説していきまする。

package helloWorld;

このクラスは「helloWorld」ってパッケージに入れますよ。

  import javax.swing.JFrame;

「javax.swing.JFrame」って部品を使いますよ。

  import javax.swing.JLabel;

「javax.swing.JLabel」って部品を使いますよ。

public class HelloWorld {

このクラスは「HelloWorld」ってクラスで~す。

public static void main(String[] args) {

こっからメイン処理が始まりますよ。

JFrame frame = new JFrame("Hello Swing");

「JFrame」のインスタンスを作りまっせ。
ちなみに「JFrame」はそのまんまフレームの部品ね。
「"Hello Swing"」の部分はフレームのタイトルです。

JLabel label = new JLabel("Hello World!");

「JLabel」のインスタンスを作りまっせ。
ちなみに「JLabel」はそのまんまラベルの部品ね。
「"Hello World!"」の部分はラベルにのっける文字です。

frame.getContentPane().add(label);

フレームにラベルをがしょーんっとくっつけます。
「getContentPane()」はコンテンツのペインとやらを取り出すメソッドだそーな。
良くわかんねっ。
部品配置やレイアウトはフレームに直接やるのではなくて、
ペインを取得してそれに対して行うのだそーな。
お約束って感じなんですかね(--?

frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);

ユーザがウィンドウを閉じたとき(フレーム右上の×ボタンを押したとき)に
どんな動きをするか?を設定します。
ん(--?×ボタン押したら閉じるんじゃないの(--?と思いますが、
JFrameを隠すだけ(HIDE_ON_CLOSE)だったり
何もしないように(DO_NOTHING_ON_CLOSE)したりもできるんですってさ。

frame.pack();

フレームのサイズの設定。
「.pack()」はコンポーネントを配置後、必要最小限の大きさにするのだそーな。
サイズを明示的に指定したければ「frame.setSize(150, 100);」とか
やればOK。

frame.setVisible(true);

満を持してフレームを表示!


完成\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:Swing  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事