プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
用語、「CGI(Common Gateway Interface)」とは
「CGI(Common Gateway Interface)」とは

クライアントからの要求に応じてWebサーバ上で動的なプログラムを実行するための仕組み

である。

つまり、どゆこと(--?

「静的」とか「動的」とかよく言われますよね。
その「動的」な方です。

ちょっと回り道になりますがのんびり読んでやって下さい。

Webサーバさんは元々「それちょーだい」と言われたファイルをあげるお仕事をしています。
「それちょーだい」と言ってくるのは例えばWebブラウザさんです。
※Webブラウザさん=Internet ExplorerさんとかFirefoxさんとか。

Webブラウザさんが何を「それちょーだい」って言ってるかは
基本的にはURLを見れば分かります。
例えば

http://book.i-3-i.info/index.html

とか書いてあったら「http://book.i-3-i.info/」にあるサーバさんに対して
「『index.html』ってファイルをちょーだい」と言ってる訳です。

ほんで、サーバ上には「index.html」ってファイルが
あらかじめ置いてあるのですね。
Webサーバさんはそのファイル(サーバ上にあるindex.html)を
Webブラウザさんに「ほらよっ」と送ってあげます。

Webブラウザさんは受け取ったファイルをじーっと見ます。
ほんでWebブラウザ自身のマイルールに従って
ちょこちょこっと成形して画面に表示してくれるのです。
例えばファイルに「<br />」とか書いてあれば、
画面に表示するときにWebブラウザさんが改行に変えてくれたりね。

※話が逸れますが、ブラウザによって表示が崩れたりするのは
 この「Webブラウザ自身のマイルール」がブラウザによって
 びみょーに違ったりするからです。

これが基本的なインターネットを見るときの仕組み。

ただですね。
置いてあるファイルを返すだけだと不便なのです。
会員ページだと「○○さん、いらっしゃい」とか出したいし
こっそりアクセスログを取ったりしたい訳です。
他にもあんなことやこんなことをムフフでやりたいですね。

そんなご要望にお応えして登場したのがCGI。
本当にそんなご要望にお応えされたのかは実は分かりませんが
とにかく上記のような場合に活躍する仕組みなのです。

サーバ側であれやこれやと頑張ったり、
返すファイルをえっちらおっちら手作りしたりするシャイボーイです。

それでは、くどいですが最後にもう一度まとめますね。
Webブラウザさんからの要求に対してサーバ側で何か処理をしたり
Webブラウザさんに渡すファイル(厳密にはちょっと違うけど)の中身を
「動的に」作って返すための仕組みを「CGI」と呼びます。


※実際にはちょっと違うかもしれませんが、
 イメージとしてはそんな感じです。
 「正確な説明が欲しいんだいっ!」ってな方は
 もっと深く説明しているサイトをご参照下さいm(__;)m
用語系はこっちでまとめることにしました。どうぞ宜しくお願いいたします。(--)σ 「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 用語集  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事