プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
用語、「FQDN」とは
「FQDN(Fully Qualified Domain Name)」とは

TCP/IPネットワーク上でドメイン名、サブドメイン名、ホスト名等を
省略せずにすべて指定して記述したドメイン名

である。

・・・・・はぁ?( ̄д ̄;

分かるような分からんような微妙な感じですね。
巷の解説を見ると

「www.i-3-i.info」はFQDNだけど「i-3-i.info」は
ホスト名が省略されているからFQDNじゃないよ

とか書いてあったりします。
「完全修飾ドメイン名」とも呼ばれますよ、とも
書いてあったりします。

わかるけど微妙にわかんねーんだょヾ(`д´)ノ
ドメインはドメインじゃないのかょヾ(`д´)ノ
てかURLと何が違うんだよ?!ヾ(`д´)ノ

とかキレちゃいそうな勢いですね。
私は昔キレました。

それじゃーのんびり遠回りしながら見ていきましょう(--)b

まず紛らわしい「URL」。
こいつをやっつけちゃいます・・と思ったのですが、
せっかくだから別の記事で解説しよう(^^ヾ
面倒臭くない人はこっちを見て下さいφ(--)

用語、「URL」とは

「面倒臭いから見ませんでした」って人のためにざっくり解説すると、
ドメイン名の前後に余計な文字がくっついたのがURLです。
余計な文字ってのは「http://」とかね。

これでURLさんはドメインさんと微妙に別物だと分かりました。
それでは本題、FQDNとは・・の前にもう一つ予備知識です(--)b

実は条件が揃えばドメイン名は省略できるのです。

メールだったら、条件が揃えば@以降を全く書かなくても届くときは届くし、
インターネット見てても「www.」がついてるURLもあれば
ついていないURLもあるはずです。
どんな場合に省略可能かを突っ込むと私が分からなくなるので華麗にスルーしますが
とにかく場合によってはドメインは省略して書けるのです。

つまりはそーゆーこと。

省略して書けるドメインさんですが、それを省略しないで書くと
「おっ、生真面目に全部書いて偉いね~」という意味が付与されて
「FQDN」と呼ばれる存在になるのです。
もちろん「生真面目に全部~」うんぬんは私の創作です。

まぁ要は本来のルールに沿った形式のドメイン名ってことですよ。
普通に「『ドメイン』って言ってくれれば分かるのに~」と思うかもしれませんが
生真面目な人は「FQDN」と「ドメイン」を区別して表現します。

私は生真面目じゃないので必要が無い限りは区別しません。


※実際にはちょっと違うかもしれませんが、
 イメージとしてはそんな感じです。
 「正確な説明が欲しいんだいっ!」ってな方は
 もっと深く説明しているサイトをご参照下さいm(__;)m
用語系はこっちでまとめることにしました。どうぞ宜しくお願いいたします。(--)σ 「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 用語集  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事