プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
用語、「SSL」とは
「SSL(Secure Socket Layer)」とは

インターネット上で情報を暗号化し送受信できるプロトコル

である。

ふーん(--)
つまり通信が暗号化されてるから見られても大丈夫よってな技術ですか。

インターネットをするときは線の中を情報がうねうね通る訳ですが、
線の中を通ってる間に情報がパクられたり盗み見られたりする恐れがあります。

そんなことはさせない!

と熱く正義の心を燃やしても良いのですが、
賢い人たちは一味違います。

見られても困らないようにすれば良いんじゃね?(・∀・)

とか考えちゃった奴等は、情報を送る時にメチャクチャにして
受け取ったときに元に戻せる方法を考えたのです。
そうすれば途中でパクられようと盗み見られようと
悪い人の手元に行くのはメチャクチャなものですね。
悪用しようにもメチャクチャなので出来ません。

ざまーみろ、ばーかばーか。

そーやって生まれたのがSSL通信の概念です。
実際のところは知らんけど。


それでは実際の仕組みについて何となく解説してみましょうかね。
なんかやり方は色々あるみたいですが、取りあえず現在の主流φ(--)

1.まずクライアントさんがサーバさんに挨拶します。

  パソコンさん
   ↓
  [こんちは、例の奴よろしく]
   ↓
  サーバさん


2.挨拶を交わしたサーバさんはクライアントさんに
  「自己紹介のお手紙」(サーバ証明書)を送ります。
  そのお手紙には「たぬきの絵」(サーバさんの公開鍵)が書いてあります。

  サーバさん
   ↓
  [自己紹介のお手紙]
   ↓
  パソコンさん


3.サーバさんから「自己紹介のお手紙」を受け取ったクライアントさんは
  自分のやり取りしてるサーバさんが本物のサーバさんか
  一生懸命確認します。
  探偵さん(認証局)に問い合わせたりもします。

  パソコンさん
   ↓
  [自己紹介のお手紙]
   ↓
  探偵さん(認証局)
   ↓
  [お手紙の調査結果]
   ↓
  パソコンさん


4.調査した結果、サーバさんは本物のサーバさんであることが分かりました。
  クライアントさんはサーバさんと秘密の会話をする為のルール(共通鍵)を
  考えます。

  パソコンさん(どんなルールにするべなー)
  パソコンさん(そうだ、3文字おきに笑うことにしよう)


5.ルール(共通鍵)を「たぬきの絵」(サーバさんの公開鍵)に従って
  暗号化します。
  それをサーバさんに送ります。

  パソコンさん
   ↓
  「ルたールはさんたもじたおきにわらたう」
   ↓
  サーバさん


6.サーバさんはクライアントさんか来たルール(共通鍵)を
  「た抜き」(サーバさんの秘密鍵)に従って複合化します。

  サーバさん(「さんもじおきにわらう」って(==;)

7.あとはそのルール(共通鍵)に従って普通にやり取りします

  サーバさん
   ↓
  「もちっwとマシ(笑)なルー(^^)ルにし( ̄w ̄)ろ」
   ↓
  クライアントさん
   ↓
  「うるさ(笑)い、ネwタ切れ(≧▽≦)だ」
   ↓
  サーバさん


こんな感じ\(--)/

さっぱり分からない方、大丈夫です。
私も書いてて分からなくなりました(--;
仕方ないので更に適当だけど簡単版φ(--)

1.サーバさんとクライアントさんは書いても見えないペンと
  そのペンで書いた文字を見る眼鏡を作りました。

2.数々の苦難を乗り越え、サーバさんとクライアントさんは
  お互いそのペンと眼鏡を装備することに成功したのです。

3.あとはペンで書いてやり取りするだけ。
  書いた文字は眼鏡じゃないと読めないので
  他の人に見られても安心\(--)/

わーい、微妙に結構間違ってるけど簡単\(--)/

簡単だけど難しいよ、SSL(´・ω・`)


※実際にはちょっと違うかもしれませんが、
 イメージとしてはそんな感じです。
 「正確な説明が欲しいんだいっ!」ってな方は
 もっと深く説明しているサイトをご参照下さいm(__;)m
用語系はこっちでまとめることにしました。どうぞ宜しくお願いいたします。(--)σ 「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 用語集 

  関連記事