プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Excel、「次の機能はマクロなしのブックに保存できません」の警告
Excel2010のVBAでマクロを組んで保存しようとしたら

次の機能はマクロなしのブックに保存できません

とか警告ダイアログ(はい/いいえ付き)が出やがりました。
思わず「はい」を押しそうになりましたが、
一応専門家なので内容を読んでみることにしましたよ。

ふむふむ(--)

結論から言えば「いいえ」を押して「名前をつけて保存」のダイアログを出し、
ファイルの種類を「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」や
「Excel 97-2003ブック(*.xls)」に変えて保存してあげればOKです。
「はい」を押すとマクロさんがいなくなっちゃうのでご注意を。

Excel2007から新たに登場した「.xlsx」形式のファイルには
マクロは保存できないんですって。
保存したけりゃそれ用の形式(*.xlsm)で保存するか
昔の形式で保存しろってことみたいです。

ふーん、そうなんだ。

ちなみに私が何故今の今まで気づかなかったかと言うと、
基本的にExcelはすべて97-2003形式(*.xls)で保存しているからです。
今回はテスト的に作ったから拡張子変えなかったのですよ。

「.xlsx」さん、中身的にはすっごくなってるんだろうけど、
使ってる感じ「.xls」とあんま違いがなくない(--?
私が鈍いだけ(--?

普通に使ってる分には違いが感じられないので
昔のOfficeしか持ってない人でも見られる
「Excel 97-2003ブック(*.xls)」を選ぶようにしています。

本当は初期表示の設定を「.xls」にしたいんだけど
人に教えるときに紛らわしくなるから我慢中。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:ExcelVBA  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事