プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
CakePHP1.3系、デバッグレベルを設定する。
ひょんなことからCakePHPを使うことになりました。
ラッキー。

フレームワークってあんま好きくないので
自分から率先しては使わないのですよね。
なんつーか、フレームワーク側で想定していないことをやろうとすると
一から作るより大変な上にそもそもの性能面が気になるから。
こっちで作らなくて良い分、余計なことしてんだべ(--?

フレームワークを使うメリットって、
複数人で開発する際に手法を統一したり
引継ぎが必要な際にその負担を軽減できることだと思うのですよ。
「選択肢の一つ」としては有用だと思いますが、
「必ず導入すべき」って考え方には疑問を覚えるのです。
開発期間が短縮できるかは何を作るか次第だし
保守性が良い分拡張性は微妙だしq(--)p

なもんで私くらいの開発規模だと
フレームワーク導入するよりさっさと作った方が早いのであんま使わん。
ただし使えた方が営業戦略上お得そうなのは確かなので
どっかで習得しとかんとなーとのジレンマがあるのです。
なもんで嫌でも使わざるを得ない機会は大歓迎。

早速頑張って遊び倒しますよ!


前置きと言うより雑談が長くなりましたが、
そんな経緯で使うことになったCakePHP1.3系。
そのCakePHP1.3系を使ったプログラムが、
画面がちゃんと表示されないのにエラーもない(つд`)
ってな哀しいことになったのです。

エラーログくらい出せよー。

横着すんなよー。

調べたらログ出すにはデバッグレベルとか言うの
設定しないと駄目なんですってさ(--ゞ

app/config/core.php

の中に

Configure::write('debug', 0);

とかあるからそれを変更すればOK。

0:なーんも出力されないよ
1:エラーやワーニングなんかを出力するよ
2:エラーやワーニングとデバッグメッセージとかも出力するよ
3:すっげーいろんな情報を出力するよ

だそーです。

貰ったプログラムが本番環境用の奴だったので
ログ出力されなかったのね(ノ∀`)

スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:CakePHP1.3系  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事