プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
CakePHP1.3系、Controllerの書き方覚書
1.クラス名は「【適当な名前】Controller」にする
 例:class HogeController{

2.基本的な構造はこんな感じφ(--)
    class HogeController extends AppController {
        //メンバ変数定義
        public $name = "HogeController";
        public $uses = array(
            'Hoge1',
            'Hoge2',
        );
        public $autoRender = false;

        //アクションメソッド定義
        function index (){
            //うんちゃらかんちゃら
        }
    } 



3.お約束なpublicメンバー変数がある
 $name
   このクラスの名前を指定する

 $uses
   このクラスで使うモデルを指定する

 $autoRender
   trueにしておくとアクションに対応するビューのテンプレートを
   自動的に読み込む

 $autoLayout
   trueだとレイアウトを使う

 以下はお約束なのかは知らんけど書いてあった

 $components
   読み込むコンポーネントを指定

 $helpers
   読み込むヘルパーを指定

4.コントローラ内のpublicメソッドがアクションメソッドになる
 アクセスするときは「http://hogehoge/アクションメソッド名/」
 パラメータがある場合のURLは
 「http://hogehoge/アクションメソッド名/パラメータ1/パラメータ2」と
 なる模様

スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:CakePHP1.3系  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事