プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
CakePHP1.3系、find()ってなーに?
見れば何となく分かるんですけどね。

$hoge = $this->HogeMdl->find(~);

とか書いてあったりするのですよ。
なんかすっごい基本的なところっぽいので取りあえず調べてみました。

ふんふん。

専門的な説明はそこら辺の真面目なサイトに任せるとして、
用はModelさんの持ってるメソッドな訳ですね。
例えばテーブルとModelをマッピングしておいて、

$hoge = $this->HogeMdl->find('conditions' => $conditions);

とかやるとデータが検索できるってことみたい。
select文代わりに使えってことか。。

どんなデータ引っ張ってくるのかとか
どんな並び順で引っ張ってくるのか等は
パラメータで指定できるみたいです。
例えば

  //検索条件
  $condition = array("column1" => 'hoge');
  //取得項目
  $fields = array("id", "hoge1", "hoge2");
  //ソート順
  $order = array('hoge1' => 'DESC');

  //面倒くさいので一つの配列にまとめとく
  $find_options = array(
      'conditions' => $condition,
      'fields' => $fields,
      'order' => $order,
  );

  //全件とか1件とか件数とかそんなのを指定
  $type = "first";

  //データ取得
  $data = $this->HogeMdl->find(
      $type,
      $find_options,
  );


みたいな感じでOK。
他にも便利な人には便利な使い方がいろいろあるみたいです。
今のところいらないから調べてないけど。

ちなみに似たような関数で
「findAll()」とか「findCount()」とかいうのもあるのだそーな。

ふ~ん(--)

いや、別に良いのですけどね。
普通に使う分には便利だと思うし。

ただちょっと凝ったことをやろうとすると
余計に面倒臭くなったりするよね?この手の部品(--ゞ

とか自分の知識不足を棚に上げてぼやいてみました。

どーしてもこの手の部品っていうのは、
ふっつーなことをふっつーにやる分には良いけど
ちょっとばっかし捻くれたことをやらなくちゃいけなくなったり
あるいは普通に動くはずが動かなかったり(変な文字化けとか)が始まると
一気に時間泥棒さんになるイメージがあるので
あまり好きでは無かったりします。



まぁあるものは使うけどね(--)
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:CakePHP1.3系  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事