プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
PHP、intval()関数の第二引数(基数)について。
PHP、n進数からm進数への変換。」を調べている過程で
intval()さんに出会いました。

まぁいろいろゆるゆるPHPで明示的に型を指定したいときに使う奴です。
こいつ自体は知っていたのですが第二引数を知らなくてですね。

なんか第二引数で基数を指定できるらしいのですよ。
と言う訳で「おぉ!intval()でn進数変換できるんじゃね?」と思ったら
実際には逆でした(ノ∀`)

なんかね、変換元の数値の基数を指定するもんらしい。
変換後の数値は10進数(--)b

つまりn進数→10進数の一方通行みたいです。

これを勘違いしていたので

//12を10進数から8進数へ変換
$num = intval('19',8);


とかアホな指定をして0(エラー)が返ってきたり(ノ∀`)
※8進数表記で「19」は存在しない

分かるとアホくさいですが、すっかり勘違いして
5分くらいハマってしまったのでメモっておきます(-A-)
ちくしょ。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● PHP  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事