プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
jQuery、要素の存在チェック
指定idの要素があるかないかをチェックしたかったのです。

Webサイトの特定ページのみでやりたい処理があったのですが、
その処理を書くjsファイルが全画面で読み込まれていたので苦肉の策。
hiddenタグを用意して「指定idの要素があった場合のみ処理」と
逃げを打ちたかったのですよ。

と言う訳で要素の存在チェックの方法φ(--)

  if($("#hoge").size() > 0){
      alert("あるよ");
  }

  if($("#hoge").size() == 0){
      alert("ないよ");
  }


sizeを取れば良いらしい。
理屈としては「$("#hoge")」が成功したか否か、
つまりjQueryオブジェクトが生成できたかで
チェックするってことですかね。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● JavaScript  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事