プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Ruby、リテラルあれこれ。
すっごい基本的なことなので書くまでもないっちゃないかもですが、
Ruby特有なところが忘れちゃいそうなのでメモっておきます。

・文字列、数値→他の言語とほぼ同じ。

・配列→PHPとかと似た感じ。大カッコ([])で囲む。
 例:["a","b","c"]

・ハッシュ→PHPとかと似た感じ。中カッコ({})で囲む。
 例:{"a"=>"A","b"=>"B","c"=>"C"}

・正規表現→他の言語と似た感じ。
      例:「/^hoge/」

・バックスラッシュ記法→他の言語とほぼ同じ。
            「\t」とか「\n」とかそーゆーの。

・ヒアドキュメント→PHPとかとほぼ同じ。


ここまでは他の言語とほぼ一緒。
ここからはRuby特有?の書き方

・コマンド出力→記述内容をコマンドとして実行して、その結果の標準出力を
        文字列として取得するのだそーな。
        要はコマンドを実行してくれるよってこと。
        書き方は「`(バッククォート)」でコマンドを囲む
        例:`dir`

・範囲オブジェクト→書き方は「..」or 「...」。
      「1..5」だったら[1,2,3,4,5]的なオブジェクト。
      「1...5」だったら[1,2,3,4]的なオブジェクト。

・式展開→要はPHPで言う「print "hoge$str";」の「$str」の部分。
     式が変数であれば値に展開してくれます。書き方は「#{式}」。
     ※式展開の中にコメントを書く際は
      #から改行までがコメント扱い
      例:#{式 #コメントですよ
      }

・%記法→ひと言で言っちゃえば「別名定義」かな。
     例えばこんな感じの言い換えですφ(--)
      %[hoge]は"hoge"と同じ
      %q[hoge]は'hoge'と同じ
      %x[hoge]は`hoge`と同じ
      %r[hoge]は/hoge/と同じ

・シンボル→「Ruby、シンボルとは?」参照。
      書き方は「:(コロン)」から始まる文字列。
      例:「:hoge」、「:"hoge#{shiki}"」



以上でっす\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Ruby  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事