プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Ruby1.9、クラスあれこれ
※自分用のメモなので随時追記していきます。


・書き方は以下の通り
  class HogeClass
      #クラスの中身
  end


・クラスの継承は「<(小なり)」で指定
  class HogeClass < HogeSuperClass
  end


・インスタンス変数は「@(アットマーク)」で始める
 宣言は不要で、参照すると勝手に追加される
  class HogeClass
      def initialize
          # インスタンス変素「@hoge」が追加される
          
@hoge = "hogehgoe"
      end
  end


・インスタンス変数は外部から参照不可
 ゲッターとセッターつまりはアクセッサーが必要
 ※「ゲッター」「セッター」をカタカナで書くと
  ちょっとだけアホっぽいですね(==;
  class HogeClass
      def initialize
          @hoge = "hogehgoe"
      end
  
      #getter

      def hoge
          @hoge
      end

  
      #setter

      def hoge=(hoge)
          @hoge = hoge
      end

  end

・アクセスメソッド「attr_reader」「attr_writer」
 「attr_accessor」を使えばアクセッサーの記述を省略できる
  class HogeClass
      def initialize
          @hoge1 = "hogehgoe1"
          @hoge2 = "hogehgoe2"
          @hoge3 = "hogehgoe3"
      end
  
      #参照可能になる(getterが用意されるイメージ)
      
attr_reader :hoge1
  
      #更新可能になる(setterが用意されるイメージ)
      
attr_writer :hoge2
  
      #参照・更新可能になる(getter・setterが用意されるイメージ)
      
attr_accessor :hoge3
  end


・クラス変数は「@@(アットマーク×2)」で始める
 クラス変数ってのはインスタンス間で共有できる変数。
  class HogeClass
      
@@hoge = "hogehgoe"
  end


・クラス名は英大文字から始める
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Ruby  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事