プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Ruby1.9、require(require_relative)時のパス指定
自分で作成したクラスを「require」しようとしたら
「そんなファイルねーよ」って怒られました。

こんな指定をしたらφ(--)

  require '../lib/hoge'

こんなエラーφ(--)

  in `require':cannot load such file -- ../lib/hoge (LoadError)

ファイルあるよ!ヽ(`д´)ノ

ほんであれやこれやと調べた結果分かったこと(--)b

「require」するなら絶対パスで指定しろ。
相対パスで指定するなら「require_relative」使え。


こんな指定にするかφ(--)

  require_relative '../lib/hoge'

こんな指定にすれば大丈夫みたいですφ(--)

  require File.join(File.expand_path(File.dirname(__FILE__)), '../lib/hoge')

「require_relative」は記述したファイルからの相対パス指定でrequire、
「File.expand_path()」は絶対パスを取得するメソッドだそーな。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Ruby  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事