プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Ruby1.9、Test::Unitあれこれ
Rubyさんにはユニットテストをしやすくする仕組みが
あれやこれやとあるらしい。

取りあえず標準添付されているらしい「Test::Unit」くらいは
使えるようにしておいた方が良いかなーと思ったのでメモあれこれ。

※自分用のメモなので随時追記していきます。

・「'test/unit'」をrequireする
  require 'test/unit'

・「Test::Unit::TestCase」を継承
  class HogeTest < Test::Unit::TestCase
      #classの中身
  end


・テストメソッドの名前は「test_」で始める
  def test_hoge
      #テスト内容
  end


・共通前処理はメソッド名「setup」の中に書く
  def setup
      #共通前処理
  end


・共通後処理はメソッド名「teardown」の中に書く
  def teardown
      #共通後処理
  end
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Ruby  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事