プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Ruby on Rails3、validateのNGメッセージを日本語にする(1)
せくしーばりでーしょんでのNGメッセージが
アメリカンな感じでおーまいごっとでございます。

日本語が希望です(--)ノ

と言う訳でNGメッセージを日本語にしてみました。
やり方φ(--)

1.以下のサイトから「ja.yml」をダウンロードしてくる

 https://github.com/svenfuchs/rails-i18n/tree/master/rails/locale/

2.ダウンロードしてきた「ja.yml」を「config/locales」に置く

3.「config/application.rb」を開いて35行目近辺、
 「config.encoding = "utf-8"」の前に

 config.i18n.default_locale = :ja

 と記述する。
 そして当たり前だけど保存する。

これで固定のエラーメッセージが日本語になります\(--)/

ついでに赤枠の中の「1 errors prohibited ~」も日本語にしたいので
変えてみました。

こちらは「app/views/ほげ/_form.html.erb」にそのまんま書いてあるので

  <h2><%= pluralize(@schedule.errors.count, "error") %> prohibited this hoge from being saved:</h2>



  <h2><%= pluralize(@schedule.errors.count, "") %> 個のエラーがあったぜ!:</h2>

等にすればOK。
「error」の消し忘れにはご注意を(--)b

※「Ruby on Rails3、validateのNGメッセージを日本語にする(2)」に続きます
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:Ruby on Rails  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事