プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Ruby on Rails3、コントローラの作成(2)アクションメソッド指定
Ruby on Rails3、コントローラの作成(1)」で
コントローラの作り方は分かったのですが
どうやらコントローラ作成時にアクションメソッドも指定できるようです。
コンソール上で

rails generate controller [コントローラ名(※1)] [アクションメソッド名]
 ※1:頭を小文字にして「Controller」を取る。
    作成するコントローラが「HogesController」の場合「hoges」と指定する。

と打つと必要なファイルが出来るらしい。
試しに

rails generate controller hoges index new list

とか打ったら

create  app/controllers/hoges_controller.rb
 route  get "hoges/list"
 route  get "hoges/new"
 route  get "hoges/index"
invoke  erb
create    app/views/hoges
create    app/views/hoges/index.html.erb
create    app/views/hoges/new.html.erb
create    app/views/hoges/list.html.erb

invoke  test_unit
create    test/functional/hoges_controller_test.rb
invoke  helper
create    app/helpers/hoges_helper.rb
invoke    test_unit
create      test/unit/helpers/hoges_helper_test.rb
invoke  assets
invoke    coffee
create      app/assets/javascripts/hoges.js.coffee
invoke    scss
create      app/assets/stylesheets/hoges.css.scss

ってな結果が表示されました。

アクションメソッドを指定しない場合との違いは

1.コントローラの中にアクションメソッドが定義される
2.ルーティングの設定が追記される
3.アクションメソッドに対応するビューが作成される

の3つみたいですね。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:Ruby on Rails  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事