プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
HTML5、localStorageの使い方
HTML5になってから妙に名前を聞く機会が増えた「localStorage」さん。
ローカルにある物置みたいなものです。
cookieの代わりに使えってことでしょうかね。

明示的に消さなければずっと残ります。
ちなみにブラウザを閉じると一緒に消えるのは「sessionStorage」さんね。

「localStorage」の使い方はこんな感じφ(--)

・データの保存(キーと値のペア)φ(--)
localStorage.setItem(key, value);

・データの取得(キー指定)φ(--)
var hoge = localStorage.getItem(key);

・データの取得(インデックス番号指定)φ(--)
var hoge = localStorage.getItem(localStorage.key(idx));

・全データの取得(ループで回す)φ(--)
for(var key in localStorage){
    alert(localStorage.getItem(key));
}

・データの削除(キー指定)φ(--)
localStorage.removeItem(key);

・該当サイトの全データクリアφ(--)
localStorage.clear();

完了\(--)/

あっ、そうそう。
デスクトップ上にHTMLファイルを作ってIE8で実験したら

'localStorage'は Null またはオブジェクトではありません。

のJavaScriptエラーが出ました。
いちいちサーバに置くの面倒くさいなぁ(;´A`)

IE+ローカルのHTMLで試そうとしている方はご注意ください。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● HTML・CSS  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事