プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
HTML5、sessionStorageの使い方
「sessionStorage」はブラウザを閉じると勝手に消えちゃう物置です。
明示的に消さなければずっと残るのは「localStorage」ね。

「sessionStorage」の使い方はこんな感じφ(--)

・データの保存(キーと値のペア)φ(--)
sessionStorage.setItem(key, value);

・データの取得(キー指定)φ(--)
var hoge = sessionStorage.getItem(key);

・データの取得(インデックス番号指定)φ(--)
var hoge = sessionStorage.getItem(sessionStorage.key(idx));

・全データの取得(ループで回す)φ(--)
for(var key in sessionStorage){
    alert(sessionStorage.getItem(key));
}

・データの削除(キー指定)φ(--)
sessionStorage.removeItem(key);

・該当サイトの全データクリアφ(--)
sessionStorage.clear();

完了\(--)/
って、使い方は「localStorage」と同じでした。
勿体ぶってごめんなさい。

そして冷静に考えたら「JavaScript」に分類した方が良かったかも(^^;
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● HTML・CSS  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事