プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
HTML5、文字エンコーディング指定(charset指定)の注意点。
いやまぁ、注意点という程大げさではないのですけどね。

HTML5はUTF-8推奨(Shift_JIS、EUC-JPは非推奨)

らしいです。
だから基本的にエンコードは「UTF-8」にしましょう。

ただし(--)b

私のガラケー(2年くらい前の最新機種)のWebブラウザで
HTML5で作成したページを見たら文字化けしました。
ちなみにこんな感じのシンプルなHTMLね、てかこのまんまねφ(--)

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>あああ</title>
</head>
<body>
    あああ
</body>
</html>

もちろんファイル自体のエンコードも「UTF-8」で保存しています。

推測するにHTML5のcharset指定を携帯ブラウザが解釈できなくて
Shift_JISで表示しようとして文字化けしたんですかね(--?

いずれにせよHTML5で携帯サイトを作成する際はご注意ください。
機種によっては文字化けするかもしれません。

私は開き直って携帯ページだけXHTML1.1でShift_JISにして作りました。

■2013/03/28追記
 「HTML5、文字エンコーディング指定(charset指定)の注意点。(続)
 で追加の調査をしました。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● HTML・CSS  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事