プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「pagefile.sys」を消す。
※お急ぎの人向けに結論を先に書いておきます(--)b
 仮想メモリの設定を変更すれば消せます。


我が家のWindows7さんの空き容量が怪しくなってきてですね。
いらないファイルをざくざく消していたのです。

そんな中ふと気づいたら、Cドライブ直下に

pagefile.sys 8,339,356 KB

とかよく分からんファイルを見つけたのが今回のきっかけ。

「pagefile.sys」って何やってるの(--?
8Gって使いすぎなんだけど。

ってな訳で調べてみましたよっと。

ふむふむ(--)

仮想メモリ用のファイルだそーな。

なるほど。
机の広さが足りなくなったときに引出引っこ抜いて机代わりに使うための奴ね。

ほんでもって「pagefile.sys」を消すには
仮想メモリの設定を変更すれば良いようです。

やり方はこんな感じφ(--)

1.コントロールパネル→システム→システムの詳細設定

2.開いた「システムのプロパティ」の「詳細」タブにて
  「パフォーマンス」の「設定」ボタンを押す

3.開いた「パフォーマンスオプション」の「詳細設定」タブにて
  「仮想メモリ」の「変更」ボタンを押す

4.「すべてのドライブのページングファイルのうんちゃら」のチェックを外す。

5.「ページング ファイルなし(N)」を選択して「OK」ボタンを押す。

6.「パフォーマンスオプション」「システムのプロパティ」も
  一応「OK」ボタンを押して閉じておく。

7.PC再起動

で「pagefile.sys」が消えるはずです。

完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Windows  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事