プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、Java Updateの通知を無効にする。
Java Updateの通知がウザい(-A-)

大事なのは分かるけど、ウザい(-A-)

特にマシンに負荷が掛かっているときに動き出すと最悪(-A-)

なので止めてしまうことにしたのですが、
止め方にちょっとコツがあるようなのでメモっておきます。

Windows7環境での手順はこんな感じφ(--)
※恐らくWindowsVistaも同じです。Windows8は分かりません。

1.「javacpl.exe」を探す
  ※「C:\Program Files\Java\jre【Javaのバージョン】\bin」か
   「C:\Program Files\Java (x86)\jre【Javaのバージョン】\bin」あたりに
   ひょっこりいると思います。

2.「javacpl.exe」を右クリック→「管理者として実行」を選択

3.「アップデート」タブを選択して「アップデートを自動的にチェック」を外す

以上でウザいJava Updateの通知無効化、完了\(--)/

ポイントは「2.」の「管理者として実行」ですね。
普通に起動している状態でチェックを外しても、いつの間にかチェックが復活しています。
権限が足りなくて変更内容が反映できないのでしょうね。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事