プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windowsのxampp環境にFuelPHPをインストールする
やっと時間が確保できたぞー\(--)/と言う訳でFuelPHPで遊びまする。
環境はWindowsにxamppを突っ込んだ感じです。

さて、それではやってみますかね。

まず

http://fuelphp.com/

からFuelPHPをダウンロード。
ちなみにこれを書いている時点での最新版は1.6でした。

次に解凍して出来たフォルダ「fuelphp-1.6」を面倒くさいのでそのまま

C:\xampp\htdocs

に突っ込む。

最後に

http://localhost/fuelphp-1.6/public/

にアクセス。

すると、

Composer is not installed. Please run "php composer.phar update" in the root to install Composer

というエラーが出ました。

ΩΩΩ<な、なんだってー!?

調べたところFuelPHP1.6ではcomposerに標準対応しているらしく
なんかやらないと駄目らしい。

仕方がないので、取りあえず

C:\xampp\htdocs\fuelphp-1.6\

に移動して

php composer.phar update

を実行しました。

そしたら今度は

'git'は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

のエラーが(-A-)
そりゃそーだろうな。gitなんて入れてないし。

仕方ないのでmsysgitをインストールしました。
ちなみにダウンロードはここから行えます。

これでやっとこさComposerが入ってウェルカムページが開きました。

1.FuelPHP1.6を使うにはComposerのupdateが必要
2.Composerを使うにはgitが必要

って感じみたいですね。

なんか疲れたので今日はここまで。

取りあえず完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:FuelPHP  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事