プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
FuelPHP1.6のフォルダ構成
自分用のメモなのでざっくりとですが、FuelPHP1.6のフォルダ構成を書いておきます。
こんな感じφ(--)

docs/ …… 公式ドキュメント
fuel/ …… 本体
 app/
  cache/
  classes/
   controller/ …… コントローラを置く
   model/ …… モデルを置く
   view/ …… ビューモデルを置く
  config/ …… 設定ファイルが入っているところ
  lang/
  logs/
  migrations/
  modules/
  tasks/
  tests/
  tmp/
  vendor/ …… 外部ライブラリを置く
  views/ …… ビューを置く
 core/ …… FuelPHP本体が入っているので触らない
 packages/ …… パッケージ類を置く
 vendor/

public/ …… 公開ディレクトリ
 assets/
  css/ …… CSSを置く
  img/ …… 画像を置く
  js/ …… JavaScriptを置く

何も書いていないフォルダは必要が無い限り意識しなくて良いと思います。
よく使うことになりそうなフォルダは太字で記載しています。

ちなみに

app/classes/view/

はビューじゃなくてビューモデルを置く場所なのでご注意ください。
ビューモデルが何かってのはそのうち気が向いたら書きます。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:FuelPHP  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事