プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
FuelPHP1.6、「fuel/」フォルダをドキュメントルートの外に出す。
FuelPHP1.6のフォルダ構成」でざっくりフォルダ構成を書きましたが、
FuelPHP本体(「fuel/」フォルダ)はドキュメントルートの外に置いた方が良いらしいので
ちょっとだけフォルダ構成を変えることにしました。

具体的にはこんな感じにしてみましたよっとφ(--)

fuel/ …… 本体

htdocs/
 fuelphp-1.6/ …… 公開ディレクトリ
  index.php
  assets/
   css/
   img/
   js/

ん?「docs/」フォルダ?なにそれ美味しいの?
「docs/」フォルダは邪魔なのでさっさと削除しました(-。-)ぼそっ

あとはパスの調整をして完了です。

htdocs/fuelphp-1.6/index.php(旧:public/index.php)を開いて
24行目近辺から始まっているパスの設定を

/**
* Path to the application directory.
*/
//define('APPPATH', realpath(__DIR__.'/../fuel/app/').DIRECTORY_SEPARATOR);
define('APPPATH', realpath(__DIR__.'/../../fuel/app/').DIRECTORY_SEPARATOR);

/**
* Path to the default packages directory.
*/
//define('PKGPATH', realpath(__DIR__.'/../fuel/packages/').DIRECTORY_SEPARATOR);
define('PKGPATH', realpath(__DIR__.'/../../fuel/packages/').DIRECTORY_SEPARATOR);

/**
* The path to the framework core.
*/
//define('COREPATH', realpath(__DIR__.'/../fuel/core/').DIRECTORY_SEPARATOR);
define('COREPATH', realpath(__DIR__.'/../../fuel/core/').DIRECTORY_SEPARATOR);

のように新しい環境に合わせればOK。

ウェルカムページが表示されることを確認したら完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:FuelPHP  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事