プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
FuelPHP1.6、Asset::img()を理解する
FuelPHPで画像を読み込むときに使用する「Asset::img()」を
ちょいと見ていこうかな、というのが今回のテーマです。

まず、もっとも基本的な使い方はこんな感じですねφ(--)
<html>
<head>
    <title></title>
</head>
<body>
    vhoge<br>
<?php echo Asset::img('glyphicons-halflings.png'); ?>
</body>
</html>

CSS、JS同様配列で指定すると複数ファイルを一度に設定できるらしい。
冗談半分でやったらできちゃったφ(--)
<html>
<head>
    <title></title>
</head>
<body>
    vhoge<br>
<?php echo Asset::img(array('glyphicons-halflings.png','glyphicons-halflings.png')); ?>
</body>
</html>

ついでに第二引数に配列を渡すことで、幅や高さ等を指定できるらしいφ(--)
<html>
<head>
    <title></title>
</head>
<body>
    vhoge<br>
<?php 
    $options = array('width' => '100',
                    'height' => '200',
                    'alt' => 'test_alt',
                    'title' => 'test_title',
                );

    echo Asset::img('glyphicons-halflings.png', $options);
?>
</body>
</html>

使い方はこんな感じですが、せっかくだからもちっと深く見ていきますか。

と思ったのですが、中身はやっぱりCSSと同じだったので以下略。

興味がある方は

FuelPHP1.6、Asset::css()を理解する

をご覧ください。

完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:FuelPHP  thema:システム開発 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事