プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
FuelPHP1.6、実行されたSQLを確認する(DEBUG用)。
ORMモデルのfind()にあれやこれやと条件をくっつけて遊んでいたのですが、
いまいち実行されるSQLのイメージが湧かなくてですね。

いちいち発行されるクエリを推測するのも面倒なので
実際に実行されたSQLを画面上に出力することにしました。

と言う訳でやり方ですが

fuel/core/classes/database/query.php

の最後の方にあるexecute()メソッドの中で「$sql」を出力すればOKです。

別にどこでも良いと言えば良いのですが、
私は一番下で出力しましたφ(--)

public function execute($db = null)
{

(中略)

//debug
//Log::debug("query debug:" . $sql);
print $sql;


    return $result;
}

カッコつけたい方は

Log::debug($sql);

のようにしてログに出力しては如何でしょ。

私は面倒くさいので画面上で確認していますけどね。

完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:FuelPHP  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事