プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Linux、先頭がハイフンで始まるファイル名のファイルを削除する
結論から言えば、ファイル名の前に「--(+半角スペース)」をつけて

rm -- -hoge

のようにすればOKです。

Linux上で作業をしていたのですが、ちょいとコマンドを打ち間違えましてね。

-r

って名前のファイルが出来あがっちゃったのです。

慌てて削除しようと思い

rm -r

と打ったところ、

Try `rm --help' for more information.

と怒られました。

じゃあ、いっそのこと全部消しちゃえ~と思い、禁断の魔法

\rm -rf *


を実行したのですが、しぶとく生き残りやがりました。

マジで?!Σ(´・д・`)

ほんであれやこれやと調べた結果、

rm -- -r

と指定して実行したところ、無事に消せました。
「--」を付与すると以降をパラメータと認識しなくなるのだそうな。

良かったよー(つд`)・°・。
内心結構焦っていたのは内緒です。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● Linux  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事