プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
JavaScript、Seesaaブログのスマートフォン用の広告を消す。
「広告を消せるから」というメリットがとても大きいので
いろいろとアレなのを我慢して使っているSeesaaブログさんですが、
スマホ用のデザインでは鬱陶しいくらい広告がペタペタらしい。

いや、もう、広告ウザかったらSeesaaブログさん使ってる意味無いし(-A-)

と言う訳でスマートフォン用の広告を消すことにしました。
どーせ皆、いろいろ考えてるんでしょ?

ふむふむ(--)

あれやこれやと調べた結果「CSSで消す」って人が多いみたいですね。
広告が入る要素を非表示にするのが主流なのかな(--?

でもこれだとid属性( or class属性)変わったら復活するしなぁ。

それはちょっと面倒なのでJavaScriptで広告を出させないようにしました。
やり方はこんな感じφ(--)

1.「デザイン> スマートフォン> コンテンツ」に移動

2.「全ページ」のタブにて一番下に「自由形式」のコンテンツを追加

3.「自由形式」コンテンツの中に例えばこんなコードを書くφ(--)
<script type="text/javascript"><!--
var org_write = document.write;
document.write = function write(arg) {
    if(arg.search("sc" + "ript") == -1){
     org_write.apply(document, arguments);
    }
};
//-->
</script>

4.保存して完了\(--)/

理屈的に何をやっているかと言うとですね。

「document.write()」を乗っ取っています(--)b

自前で追加したコードは

「document.write()」のパラメータに「script」があれば何もしない。
無ければ本来の「document.write()」を実行する。

ってな動きをしますよ。
Seesaaブログさんではスマホ用の広告タグを「document.write()」で出力しているようなので、
見えなくするのではなく、そもそも出力しないように対応しました。

ちなみに利用規約に違反しないかは確認していません。
現状の広告のウザさを改善できないのであれば
Seesaaブログさんは捨てざるを得ないと考えているので、
規約違反でブログを削除されても仕方ないと考えています。

なもんで、お試しされる方は自己責任でやってくださいねm(__)m
ある日ブログが無くなっちゃっていても私は責任取れませんです(^^;
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● JavaScript  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事