プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
.htaccessを使ってユーザーエージェント指定でアクセス制限
ちょっくら鬱陶しいアクセスがあったので
.htaccessでサクっと拒否しちゃうことにしました。

接続元IPはちょろちょろ変わっているので
ユーザーエージェント指定で制限しちゃいますかね。

ほんで、どう書けば良いのよ(--?

ふむふむ(--)

最低限はこれで良いみたいφ(--)

SetEnvIf User-Agent "文字列" HOGE
deny from env=HOGE

「"文字列"」のところに拒否したいユーザーエージェント(の一部)を書きます。
「HOGE」は適当です。
SetEnvIfとdenyで対応が取れていればOK。

横着しないでちゃんと書くときは

SetEnvIf User-Agent "文字列" HOGE
order allow,deny
allow from all

deny from env=HOGE

のようにしてあげてください。

「order allow,deny」は「許可してから拒否」の指定です。
余談ですが「拒否してから許可」するときは「order deny,allow」ね。

「allow from all」は「全部通ってOK!」の指定です。
つまり上記の指定は

1.ユーザーエージェントに"文字列"がある奴は「HOGE」ってことにすっから
2.まず許可の指定をしてから拒否の指定で上書きすっぞ
3.誰でも通ってOK\(--)/
4.あっ、でも「HOGE」は通っちゃ駄目ね。

の意味になるのです。

これでにっくきあんちくしょうを拒否できました。
完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● ネットワーク関連  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事