プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
FuelPHP1.6、Emailパッケージを使ってみる(3)添付ファイルをくっつける
FuelPHP1.6、Emailパッケージを使ってみる(2)「email.php」について」の続きです。
今回は送信するメールに添付ファイルをくっつけてみます。

まぁそんなに難しくないですけどね。

$email->attach( 添付するファイル , インラインで添付するか , MIMEヘッダのContent-ID , MIMEタイプ);

のように指定します。

第1引数は添付するファイルです。これが無いと始まりません。

第2引数は添付するファイルをメール本文にインラインで添付するかです。
trueを指定するとインライン添付になります。
HTMLメールを送ったりするときに使います。

第3引数は第2引数でtrueを指定した場合のみ有効です。
MIMEヘッダのContent-IDを指定できるのだそーな。

第4引数にはMIMEタイプを指定できます。
特に指定しなくても拡張子から自動判別してくれますが、
明示的に指定したい場合はどーぞです。

それではサンプル……とは言っても大したことやってないですけどねφ(--)

public function action_mail3()
{
    $mail = Email::forge();

    //差出人
    $mail->from('from@example.com', 'from name');

    //宛先
    $mail->to('to@example.com', 'to_name');

    //件名
    $mail->subject('添付ファイルテスト件名です。');

    //本文
    $body='添付ファイルテスト本文です';
    $mail->body($body);

    try {
        //添付ファイル
        $mail->attach(DOCROOT . 'hoge.zip');
        $mail->attach(DOCROOT . 'hoge2.zip');


        $mail->send();
        print "end";

    }catch(Exception $e){
        var_dump($e);
    }
}

複数のファイルを添付するときは連想配列にしないと駄目かな~と思ったのですが、
駄目元でやってみたら普通に2つ(hoge.zipとhoge2.zip)添付されました。
便利ですね。

そんな感じ(--)ノ
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:FuelPHP  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事