プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
FuelPHP1.6、Emailパッケージを使ってみる(4)HTMLメールを送ってみる
FuelPHP1.6、Emailパッケージを使ってみる(3)添付ファイルをくっつける」の続きです。
今回はHTMLメールを送ってみます。

これもやっぱり難しくないですけどね。

$email->html_body(HTMLメール本文);

のように指定します。

本文を設定するときに「body()」の代わりに「html_body()」を使うだけです。

それではサンプル……とは言っても大したことやってないですけどねφ(--)

public function action_mail4()
{
    $mail = Email::forge();

    //差出人
    $mail->from('from@example.com', 'from name');

    //宛先
    $mail->to('to@example.com', 'to_name');

    //件名
    $mail->subject('HTMLメールテスト件名です。');

    try {
        //HTMLメール本文
        $body='<b>HTMLメール</b><i>テスト</i>本文です';
        $mail->html_body($body);


        $mail->send();
        print "end";

    }catch(Exception $e){
        var_dump($e);
    }
}

まぁ書いておいてなんですが、私はHTMLメールを推進しない派なので、
多分自分で使う機会は多くないと思います。

HTML本文はviewをforge()で読み込んだりもできるようですね。
ついでに「html_body()」内で「attach()」してくれているようなので、
HTML内で指定した画像とかも物があれば添付されるようです。

細かい部分は他の参考サイトをご覧ください。
私は多分HTMLメール使わないから、ここでは触れません。

そんな感じ(--)ノ
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:FuelPHP  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事