プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「WerFault.exe」とはなんぞや?
パソコンさんの動きが鈍くなったときに突然登場したプロセス。
その名も「WerFault.exe」。

てめー、何しとんじゃぁ!?Σ( ̄◇ ̄;
と気になったので調べてみることに。

ふむふむ(--)

WerFaultさんはWindowsさんのエラー報告用のプログラムですってさ。
そいつのプロセスらしい。

例えばExcelさんとかが変な感じで終了しちゃったりしたときに、
「この問題をMicrosoftに送信してください」とか
お願いメッセージが出るときがあるじゃないですか。
そいつ関連らしいですね。

あれやこれやの情報を集めてマイクロソフトさんに提供するための奴です。

と言うことは「WerFault.exe」がおかしなことをしてた訳じゃなくて
おかしなことになった結果「WerFault.exe」が起動したってことかな(--ゞ

用が無くなったらいなくなるはずなのに何で居座ってんだろ?
取りあえず殺しちゃおう。さよーならー。
……うん、よく分からんけど特に実害は起きませんでした。
腑に落ちなければ殺しちゃっても大丈夫なプロセスみたいですね。


ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事