プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows 7 32bit環境にVNCサーバを導入してみる(RealVNCを使用)
ふと思い立ったので、我が家の古いPC(Windows 7 Ultimate 32bit)に
VNCサーバを突っ込んでみることにしました。

ほんで、どうやんの(--?

調べてみたらRealVNCなるものが有名っぽいので、それを使うことに。
動作OSにWindows 7は入っていないけど、頑張れば動くらしい。

それじゃあ早速……無事完了\(--)/

割りとあっさり動きました。
やったのは

1.RealVNCサーバのインストール
2.RealVNCサーバの設定
3.ルータの設定

の3ステップです。

前準備としてRealVNCをダウンロード

「1.RealVNCサーバのインストール」は基本的に「次へ」を押していくだけです。
ポイントはサービスへ登録しないこと。ここさえ守れば大丈夫ですよ。
要は

「VNCサーバをWindowsサービスへ登録する」
「VNCサーバをWindowsサービスモードとして起動する」

チェック入れんなってことです。
私がインストールしたときはデフォルトでチェック入っていなかったので、
気にしなくても大丈夫そうですけどね。

ほんでインストールが完了\(--)/

VNCサーバを起動するときは「ユーザモード」の「VNCサーバの起動」から開始します。
「サービスモード」の「VNCサービスの起動」ではないのでご注意ください。

なんかWindows 7の場合、サービスモードで動かすのは面倒くさいっぽいです。
やり方がなくはないみたいですが、私は試していません。
ショートカットをスタートアップに突っ込んでおけば事足りますしね。

これでVNCサーバ自体は起動したので、次は「2.RealVNCサーバの設定」。
別に大したことをしている訳ではなく接続パスワードの設定です。

タスクトレイのアイコンを右クリック→「オプション(O)...」を選択して、
開いた画面の「認証」タブ内「VNC パスワード認証」欄の「環境設定」ボタンをクリック。
パスワードを設定しなさい画面が開くのでパスワードを入力してOK。

これでVNCサーバの(必要最低限の)設定が完了\(--)/

この時点で、ローカルネットワーク環境からはVNC接続できました。

でもせっかくVNCやるなら外から接続したいですよね。と言う訳でルータ超え。
ルータ越しに接続するにはVNCに割り当てたポート(デフォルトはTCPの5900番)を
捕捉してあーだこーだしてやる必要があります。

まぁ要は、外からTCPポート5900番宛に接続があった際に、
その接続をVNCサーバにしているPCに中継してやれ
ってことです。

例えば、グローバルIPアドレスが122.204.122.XXXだったとして、
ルータを経由して3台のPCがネットワークに繋がっていたとします。
それぞれ

PC1:192.168.1.2(VNCサーバ)
PC2:192.168.1.3
PC3:192.168.1.4

のローカルIPが割り振られているとしましょうか。

このときローカルIPアドレス192.168.1.2のPC1がVNCサーバだったとします。

外からVNCでアクセスしてくる人は、当然

122.204.122.XXX:5900

宛に接続してきますよね?

ところがどっこい、外から見るとPC1~PC3はすべて
122.204.122.XXXのグローバルIPアドレスを持っているように見えます。

さて、PC1~PC3のどれに届ければ良いんだべ?
ぶっちゃけPC2、PC3に中継されたって困りますよね。
だってPC2、PC3はVNCサーバじゃないもん。

そこで事前にルータさんに

TCP5900番ポートに来た奴は全部PC1宛だから!192.168.1.2に流してやって!

と教えておく必要があるのです。
これがルータ側で必要な設定です。

我が家のルータ(BUFFALOのBroad Station BBR-4MG)の場合は
ネットワーク設定の「アドレス変換」ってところで設定できました。

実際の設定方法はルータ毎に違うので、適当に調べてくださいm(__)m

そんなこんなで、完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:● 環境設定関連  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事