プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Linux、「/dev/zero」とはなんぞや?
ちょっくらLinuxの基礎を学び直そうと思いましてね。
気になったことを取りとめもなく調べていくことにしました。

次に調べたのが「/dev/zero」。

ふむふむ(--)

「/dev/zero」はその名の通りゼロな奴。
入力元として取るとNULL文字がいっぱい返ってくるようです。

例えば

dd if=/dev/zero of=hoge.txt bs=1024 count=1

を実行すると、中身がNULLでサイズが1024Byteのファイルが出来あがります。

本来の用途は情報の上書きっぽいですけどね。
データを消滅させたいときに「/dev/zero」を入力元に指定して
消滅させたいファイルを上書きするのが実際の使い方のようです。

逆に「/dev/zero」を出力先として指定した場合は何も起こりません。
「/dev/null」を指定したときと同じ動きをします。

そんな感じ(--)ノ

まとめると「/dev/zero」は、入力元として指定するとNULL文字が返ってきます。
出力先として指定すると出力内容を破棄してくれます。

完了\(--)/
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:ファイル/ディレクトリ  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事