プログラミング言語や環境設定を中心としたパソコン関連の技術メモです。
主にシステム開発中に調べたことをメモしています。TIPS的な位置付けで、気が向いたときにちまちま更新していきます。
Windows7、「armsvc.exe」とはなんぞや?
ふと見たら、ででーんと居座っていた謎のプロセス。
その名も「armsvc.exe」。

……おまえ、誰だよ!?Σ( ̄◇ ̄;

と気になったので調べてみることに。

ふむふむ(--)

「Adobe Acrobat Update Service」とかいう奴のプロセスらしいです。
名前からするとAdobe Readerとかの自動更新に関するプロセスみたいですね。

Adobeの自動更新って「AdobeARM.exe」がやるんじゃないの(--?と思ったのですが、
多分親玉が「AdobeARM.exe」で「armsvc.exe」が子分なのでしょう。

正確な情報が見つからなかったので名前からの推測ですが、
「AdobeARM.exe」の方がアップデータ本体で「armsvc.exe」はサービスとして常駐して
更新があったら連絡もらえるように待機してるのかなーと解釈しています。
必要なときだけ登場するのが「AdobeARM.exe」で、常に見張ってるのが「armsvc.exe」ですかね。

ちなみに実体は「AdobeARM.exe」と同じ場所、

C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\ARM\1.0\armsvc.exe

もしくは

C:\Program Files\Common Files\Adobe\ARM\1.0\armsvc.exe

にありますよ。

Adobe関連の自動更新を使わないなら止めちゃって良いと思います。
コントロールパネルからサービスを開いて

サービス名:AdobeARMservice
表示名:Adobe Acrobat Update Service

になっているサービスを「停止」にすればさよならです。
あとは必要に応じて「スタートアップの種類(E)」を「手動」もしくは「無効」してください。

私自身は自動更新を有効にしているので、取り合えず放っておくことにしました。
Adobeの自動更新を有効にしたいなら、そのまま動かしたままにしてあげてくださいな。

そんな感じ(--)ノ

ちなみにウィルスはオリジナルのプロセスの場合もあれば
既存のプロセスに偽装している場合もあります。
偽装している場合の方が多いのかしら(--?
なもんで、ウィルス対策ソフトさんが検出した場合は
例え一般的に大丈夫なはずのプロセスでも、
ファイルサイズやタイムスタンプ等から総合的に判断したって下さい。
スポンサーリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

category:プロセス  thema:パソコンな日々 - genre:コンピュータ  Posted by ササキマコト 

  関連記事